スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 趣味のスポーツ中に肩が痛み
    始めた

  • バスケットボール中に足を捻挫した

  • サッカー中に選手と衝突して
    負傷した

  • 部活で太ももの肉離れを
    起こした

部活や趣味の運動によるケガを早期回復するために

老若男女問わず、スポーツをする方にとって「運動によるケガ」は身近なものと言えます。

 

一度に大きな衝撃を受けてケガが起こる場合や、

日々の負荷の積み重ねによって症状が出る場合など、さまざまな場合がみられます。

 

さらにスポーツによって起こるケガは「肉離れ」「捻挫・腱鞘・腱鞘炎」など、

その種類も多岐にわたります。

 

もしもケガをしてしまった場合には、早期に適切な対応をすることが重要ですが、

どのような対処法を行うことが適切かご存知でしょうか。

 

こちらでは、スポーツによるケガについて詳しくご紹介します。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

スポーツが原因で起こるケガは2種類に分けられます

スポーツが関連して起こるケガにはさまざまなものがありますが、主に「スポーツ障害」「スポーツ外傷」の2種類に分類することができます。

名前は似ていますが、起こる原因や症状には違いがあります。

それぞれについてご紹介しますので、当てはまるものがないか参考にされてみてください。

 

【スポーツ外傷について】

 

「スポーツ外傷」は、一度に大きな負荷が加わることで発生するケガのことを指します。

主に転倒や身体の衝突などが多いとされており、代表的なケガには「肉離れ・靭帯損傷・捻挫・打撲」などが挙げられます。

身体同士の衝突や転倒なども原因となるため、スポーツ選手に限らず多くの年代・性別の方に発症するリスクがあります。

柔軟不足やウォーミングアップが足りていない状態で、筋肉が緊張したまま激しい運動をすることなどが原因となるケースもあります。

スポーツ外傷が発生した際に行われる応急処置に、「RICE処置」があります。
Rest(安静),Ice(冷却),Compression(圧迫),Elavation(挙上)の4つの処置を適切に行うことで、症状悪化を防いだり早期回復が期待できます。

 

 

【スポーツ障害について】

 

スポーツ障害は一度に大きな負荷がかかることで起こるものではなく、「長い時間をかけて繰り返し小さな負荷がかかる」ことが原因で発症するものです。

種目によって良く使う部位は違いますが、次の動作が原因となって起こると言えます。

 

●オーバーユース(overuse)・・・同じ作業や動作を繰り返すことによる使い過ぎ

●ミスユース(misuse)・・・投球動作やテニスのスイング時の誤ったフォームによる負荷

●ディスユース(disuse)・・・運動不足や不慣れな運動をした際にかかる負荷

 

スポーツ障害はスポーツに関連するもことはもちろんですが、日常生活においても「同じ動作の繰り返し」が負担となって発症する場合もあります。
そのため家事や育児での動作が原因でスポーツ障害になってしまう方も珍しくありません。

 

◆スポーツ障害の具体的な例◆

スポーツ障害の多くは、「テニス肘・野球肘」が挙げられます。
ボールを投げる動作やスマッシュの動作が原因となって起こることが多くあります。

肘の内側に痛みが出るケースが多く、多くがオーバーユースや間違ったフォームを繰り返すことによる疲労の蓄積によって起こります。

「野球肩」もスポーツ障害の1つと言われています。
ボールを投げるような動作を繰り返すことで、肩に負担がかかって引き起こされます。
多くの場合は肩に痛みを覚えます。

野球に限らず、腕や肩を大きく動かすスポーツを行っている方であれば多少なりともリスクがあると言えます。

 

スポーツによるケガの対処法について

スポーツがきっかけとなってケガをしてしまった時には、なるべく早い時期に適切な対処することが大切です。

応急処置を行った後は医療機関や整骨院・接骨院に相談し、症状に合った処置を受けましょう。

また、スポーツによるケガは発生する前に予防することが非常に重要です。

 

日常生活で簡単に始められる予防や対策の方法についてご紹介しますので、参考にされてみてください。

 

【日頃からできる対策の方法】

 

・その競技によって、重点的に鍛える場所を変える

スポーツの種目や競技によって、多く発生しているケガは異なります。
例えば片側のみを良く使うスポーツを行っている方であれば、身体の両側をバランス良く鍛えるなどの工夫をしてみましょう。
自分の行っているスポーツの特性を把握し、それに合わせて鍛え方を変えていくことが大切です。

 

・自分の身体が持つクセについて知ってみる

身体の動かし方は、個々によって少なからずクセがついていると言われています。
スポーツだけでなく日常生活動作においても、間違った身体の動かし方がクセとなり習慣化してしまうことで「疲労の蓄積」にも繋がってしまいます。
自分の身体についてよく知り、身体に負担の少ない動作に改善していくことも手段の1つです。

 

【スポーツでケガをしたときの対処法】

 

・RICE処置

 

上述の通り、ケガをした際の応急処置の1つに『RICE処置』という応急処置方法があります。

安静(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の4つを基盤に、適切な応急処置を行うようにしましょう。

 

・テーピング

テーピングは患部の症状悪化や損傷拡大を予防するために行われます。
適度な力で圧迫することで、患部の安静を保持するとともに腫脹の軽減が期待できます。

テーピングに使用される包帯やテーピング材にはさまざまな種類があり、巻き方も部位により変わってきます。
ケガの際に備え、適切な処置ができるようにしておくと良いです。

 

お花茶屋北口接骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

当院ではまずカウンセリング時にその原因を探り、その上で患者さんお一人お一人に合った的確な施術プランをご提案します。

「ドレナージュ(DPL)」「超音波療法」「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」「骨格矯正」「ハイボルト療法」「テーピング」を使って痛みの緩和、改善を目指します。

その後は痛みが取れた部分の管理を徹底し、痛みの再発防止に努めます。

 

また、スポーツでのケガは多岐に渡るため「動作・フォームの確認」「トレーニングのアドバイス」を行って、痛みが出ている部分の負荷を整えるご提案もします。

 

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼や繰り返しの動作によるケガに使用できます。
なお、慰安を目的とした施術には保険が使用できません。

 

■ハイボルト療法

高い電圧を入れることで痛みの元となる部分がわかり、痛みの原因となる炎症を抑えて神経痛の改善、インナーマッスルの活性化に効果があります。寝違えやぎっくり腰などの急性の痛みに対しておすすめです。

 

■特殊固定具

特殊な固定具により、骨折や脱臼などの整復位を保ち、再転位を防止して、患部を安静に保ちます。
固定により、患部の可動域を制限し、損傷組織の良好な治癒環境を作ります。また、骨などの変形を防ぎ、適切に矯正していきます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

アルミ板、磁気によって身体の痛めているところに微弱な電気で悪い流れを整えることで、症状の改善が期待できます。
貼っておくことで日常生活で常に刺激を与えることができ筋肉の緊張も和らげることが出来ます。

 

■テーピング

伸縮性のあるテープを貼ることで、筋肉の動きを正常に戻します。
また、損傷して痛めている筋肉のサポートをする事で、筋肉の回復も期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の位置に戻すことによって、筋肉や関節の動きを改善させ血液循環を促進し、人間が本来持っている自然治癒力の活性化が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

プロスポーツ選手も使用している筋膜リリーステクニックで、筋膜を剥がすことで毛細血管の活動を促進させ、全身の血液循環を促進させる施術方法です。
また、動きにくい関節や筋肉にもアプローチすることでさまざまな症状の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ

【EHD】
頭・首の筋肉やツボを刺激して頭痛や眼精疲労、自律神経系を整えることを目指す施術です。
目がかすむ、目の奥が痛い、首・肩がコリやすいなどの日常のストレスにもおすすめです。

【DPL】
足やふくらはぎの老廃物は膝や足裏に貯まります。
その老廃物を流すことでリンパや血液循環の流れを促進や、むくみや冷え性などの症状の改善を目指す施術です。
長時間立ったり座ったり歩いたりする方におすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:工藤 彰悟
誕生日:7月13日
血液型:O型
趣味:野球観戦,旅行,食べ歩き,ジムで運動
患者様への一言:患者様の痛みや悩みに真摯にお応えして共に解決していきたいと思います!
「いつまでも健康な身体」を作り続けていきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:お花茶屋北口接骨院
住所〒124-0003 葛飾区お花茶屋1-17-11
最寄:京成線お花茶屋駅北口 徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中