肩こりでお悩みの方へ

肩こりによくある症状

  • 長年肩こりと付き合っている

  • 自分でケアしているが改善されない

  • 肩以外にも首や背中に痛みが
    ある

  • 仕事や勉強中に肩の痛みが気になる

長い間つらい肩こりと付き合っている方へ

日本において、肩こりの症状を感じている方の数は非常に多いと言われています。

 

肩こりが慢性化して何年も付き合い続けている、という方は少なくありません。

肩こりは放っておくと、首や肩以外にも症状が出てくることも多くあります。

 

症状やその程度はその方によってさまざまにあると言われています。

 

つらい肩こりの原因や症状、自分で行える対処法などについて、

詳しくご紹介していきます。

肩こり改善メニュー Recommend Menu

肩こりの原因はどういったものがあるのでしょうか

日本人の骨格のつくりには、頭部の大きさ対して首や肩の骨格が小さいという特徴があります。

頭の重さを支える肩や首が小さいとその分負担がかかってしまうため、肩がこりやすいと考えられています。

そんな肩こりには「慢性的なもの」と、「組織の損傷によるもの」が挙げられます。

なかでも慢性的な肩こりが多いとされていますが、その原因について具体的にみていきましょう。

 

 

【肩こりの原因として考えられること】

 

・長時間の同じ姿勢

スマホやパソコンの普及により、普段から長時間同じ姿勢でいることが習慣化されている方も少なくないのではないでしょうか。
そのためデスクワークが原因となって、肩こりを引き起こしているという場合も増えています。

同じ姿勢をずっと続けていると、どうしても猫背などの不良姿勢になりがちになってしまいます。

不良姿勢が習慣化している方には「身体に対して頭や腕が前に出ている」場合が多くあります。
このような状態が続くことで肩や首・背中の筋肉が緊張し、結果として慢性的に肩が凝った状態に繋がることもあります。

 

・眼精疲労

パソコンやスマホを長時間見続けることは肩こりの大きな要因になります。
細かい文字や光を見続けることになりますので、目の周りの筋肉には大きな負荷がかかってしまいます。
すると目だけではなく首周辺の筋肉も硬くなり、肩こりに繋がってしまいます。

 

・血行不良

血流が悪い方が肩こりを訴えることは少なくないと言われています。
高血圧の方であれば、めまい・動悸などと並んで肩こりや頭痛の症状が出ることも多くみられます。

反対に低血圧の方でも、立ちくらみなどの諸症状に加えて肩こりがみられることもあります。

実際に肩こりと血圧変動の詳細な関係性は明らかにはなっていませんが、低血圧や高血圧の方に肩こりがみられる場合は多く存在しています。
そういったことから一説では「血流が肩こりの発症に関連しているのではないか」とも言われています。

 

肩こりの症状や対処法について

肩こりが生じると、肩の痛みに始まり首や背中まで凝ってくることも少なくありません。

さらに進行してくると、痛みの他にも「吐き気」「頭痛」「目の疲れ」などの諸症状が発生する場合もあります。

「まさか症状の原因が肩こりだとは思っていなかった」と言う方もいらっしゃるため、症状がどこから来ているのかを正しくみ定める必要があります。

 

 

【肩こりの主な症状】

 

・首から肩、背中にかけての痛みや凝り

肩こりの1番代表的な症状といえるでしょう。主な原因として、首の後ろ・肩・背中にまたがる大きな筋肉「僧帽筋」に負担がかかっていることが考えられます。肩こりになると、首を曲げたり後ろに伸ばしたり、さまざまな動きで違和感や苦痛を覚えます。

 

・自律神経症状(めまい・頭痛・吐き気・倦怠感など)

肩こりによって首や肩、背中の筋肉が緊張し、凝り固まることによって神経系への影響も出ると考えられています。
首を通う神経も頭部の方まで繋がっていますので、自律神経にも大きく関わります。
このような理由もあり、肩の痛みなどの症状以外の自律神経症状がみられることがあるとされています。

 

 

【自分で行える肩こり予防や対処方法 】

 

肩こりを慢性化させないためにも、早期の対処と予防が重要になります。
日常生活で簡単に取り組むことができる対処法には、次のようなもことが挙げられます。

 

・筋肉の血行を改善

蒸しタオルを利用したり、浴槽にゆっくり浸かることで筋肉の血行を促進します。
日常的に筋肉の疲労を取ってあげるように工夫することで、肩こりの予防にも繋がるでしょう。

 

・適度な運動を取り入れる

運動の習慣がないという方は、軽い運動をしてみることも1つの手段です。
ストレッチなどで筋肉を動かし、緊張をほぐしてあげることも効果的が期待できるでしょう。

 

・長時間の同じ姿勢を控える

長い時間同じ姿勢を続けることは肩こりの原因になります。
デスクワークなどをしている方は、こまめに休憩をはさんで筋肉への負担を減らすことを意識してみましょう。

 

お花茶屋北口接骨院の【肩こり】アプローチ方法

肩こりは初期の段階から症状に合わせた適切な施術をしっかりと行えうことで改善が期待できる症状です。

当院ではまずカウンセリングを行い根本的な原因を追究し、「骨格矯正」「ドレナージュ」「カッピング」「経穴・ツボへのアプローチ」「ハイボルト療法」によって、肩周りの血流を改善し、筋肉を緩めていきます。

また、日常生活も確認して生活へのアドバイスも行います。

きちんとカウンセリングと行い、患者さんお一人お一人の症状に合わせて的確な施術プランをご提案していきます。

日常生活に支障が出ないよう、無理のない施術を行っていきますのでご安心ください。

 

 

【肩こりに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高い電圧を入れることで痛みの元となる部分がわかり、痛みの原因となる炎症を抑えて神経痛の改善、インナーマッスルの活性化に効果があります。寝違えやぎっくり腰などの急性の痛みに対しておすすめです。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

アルミ板、磁気によって身体の痛めているところに微弱な電気で悪い流れを整えることで、症状の改善が期待できます。
貼っておくことで日常生活で常に刺激を与えることができ筋肉の緊張も和らげることが出来ます。

 

■テーピング

伸縮性のあるテープを貼ることで、筋肉の動きを正常に戻します。
また、損傷して痛めている筋肉のサポートをする事で、筋肉の回復も期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の位置に戻すことによって、筋肉や関節の動きを改善させ血液循環を促進し、人間が本来持っている自然治癒力の活性化が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

プロスポーツ選手も使用している筋膜リリーステクニックで、筋膜を剥がすことで毛細血管の活動を促進させ、全身の血液循環を促進させる施術方法です。
また、動きにくい関節や筋肉にもアプローチすることでさまざまな症状の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ

【EHD】

頭・首の筋肉やツボを刺激して頭痛や眼精疲労、自律神経系を整えることを目指す施術です。
目がかすむ、目の奥が痛い、首・肩がコリやすいなどの日常のストレスにもおすすめです。

 

■カッピング

カップを皮膚に吸着させ内部を真空にし血液を表面に吸い出すことによって血液の循環やリンパ液の流れを整えます。
神経やホルモンバランスなどの調節や、自律神経のバランスを整えることが期待できます。

 

■PIA

人間が本来持っている生体の磁場や生体に流れている微弱電流の乱れた状態を、生体エネルギーや金属や磁気を使用して全体のバランスを整えることにより症状を改善します。頭痛や動悸、婦人科の病気にも効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:工藤 彰悟
誕生日:7月13日
血液型:O型
趣味:野球観戦,旅行,食べ歩き,ジムで運動
患者様への一言:患者様の痛みや悩みに真摯にお応えして共に解決していきたいと思います!
「いつまでも健康な身体」を作り続けていきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:お花茶屋北口接骨院
住所〒124-0003 東京都葛飾区お花茶屋1-17-11
最寄:京成線お花茶屋駅北口 徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中