股関節痛でお悩みの方へ

股関節痛によくある症状

  • 立ち上がる際、股関節のあたりに違和感がある

  • 足の付け根が
    痛む

  • 歩くときに股関節に痛みを
    覚える

  • 睡眠時も足が
    痛んで眠れない

脚の付け根の違和感や痛みを覚える「股関節痛」

歩くときや立ち上がるときなど、

ふとした瞬間に「股関節の痛み」を覚えることはありませんか?

 

脚の付け根が痛んだり、なんだか動かしにくかったりといった症状は

「股関節痛」の可能性があります。

 

股関節痛は身体がゆがんでいる方にも多くみられると言われています。

その他にもサッカー選手やランナーなど、

日頃から股関節をよく動かす方に起こりやすい症状の1つです。

 

股関節の痛みに悩んでいる方は意外にも多くいらっしゃいます。

ここでは、痛みの起こる原因や改善方法についてご紹介しています。

股関節痛改善メニュー Recommend Menu

股関節が痛んだり動かしにくくなる原因について

股関節は、大腿骨と言われる太ももの大きな骨と、骨盤にある寛骨臼(かんこつきゅう)という部分が組み合わさって機能しています。

私達が走ったり歩いたりする動きは、この関節が機能することで成り立っています。

そのため、悪い姿勢での歩き方が習慣化していたり骨盤の位置にズレが生じていたりすると、股関節にも少なからず影響を与えると考えられます。

また股関節痛は男性に比べて、女性に多く発症すること言われています。

 

 

【股関節痛が起こる原因】

 

股関節痛の原因として考えられるものは、必ずしも1つに限るわけではありません。
病気によるものや外傷からくるもの、体質によるものなど、さまざまな原因が存在します。

また、複数の要因が合わさって結果的に股関節痛になっている場合もあります。
次に代表的な例をご紹介しますので、参考にされてみてください。

 

◆変形性股関節症

病気が関連している股関節痛の原因として、1番多いと言われている症状が変形性股関節症です。
症状としては、歩くときや立ち上がる時に股関節に痛みや違和感を覚えることが多くみられます。

主な原因としては、加齢に伴い股関節の組織が変形することで起こりやすいと言われているため、高齢者に発症しやすい傾向にあります。

股関節に痛みが出ると、患部をかばう動作をするようになったり股関節の動きが制限されたりすることもあります。
そのため股関節が硬く動きにくくなり、結果的に腰や背中にまで痛みが広がるという場合も少なくありません。

 

◆お尻の肉離れ

お尻にある筋肉を使ったときに、その繊維が損傷・断裂することで肉離れが生じます。
大きな筋肉であるお尻に肉離れが起こると、股関節に影響して痛みだすことも珍しくありません。

 

◆女性特有の病気

婦人科系の病気が原因となって股関節痛が発生することもあります。
子宮や卵巣などに腫瘍ができると、骨盤の近くにある神経が圧迫されたり炎症を起こしたりします。
婦人科系の病気も、女性に多い「股関節痛」の原因になり得ます。

 

股関節痛の痛みの対処法について

股関節痛が続くと日常生活の些細な動作にも影響を及ぼすようになります。

そんなつらい股関節痛の原因として1番多い症状が「変形性股関節症」です。

こちらでは、変形性股関節症について詳しくみていきましょう。

 

【変形性股関節症の症状 】

 

◆起立時の痛み

歩き始めや立ち上がるときなどの、動作のはじめに股関節に痛みを覚えることが多いです。
多くの場合は少し安静にし、休息することで痛みが和らいでいくでしょう。

 

◆運動をする時に同じところが痛む

例えばサッカーやマラソンをしている方など、同じ動作を繰り返すことが多い場合にこの症状がみられます。

 

◆股関節の可動域が制限される

痛みが進行すると、股関節のあたりの筋肉が緊張して硬くなってしまいます。
その結果関節を動かせる範囲が狭くなってしまうこともあると言われています。
場合によっては爪切りや靴下の着脱など、日常生活動作にも影響が出てきます。

 

【変形性股関節症の対処法 】

 

◆股関節のストレッチ

ストレッチを取り入れることで、股関節をやわらかく動かしやすくすることに繋がります。
無理のない範囲で毎日続けていくことが効果的と言えるでしょう。

例として、
床に座って足を広げ、親指を内側に倒しながら足を内側に回転させましょう。
反対方向に小指側を外側に倒して、足を外側に回転させましょう。

この動きを、ゆっくり深く呼吸しながら行ってみましょう。
無理のない範囲で行い、痛みがある場合には必ず中止します。

 

◆日頃から股関節周辺の筋肉をほぐすように意識する

筋肉が凝り固まった状態では関節が硬くなってしまい、結果的に痛みにも繋がってしまいます。
日頃から「筋肉の凝りを解消」する意識を持つことが大切と言えるでしょう。
無理のない範囲で軽い運動を取り入れることも良いでしょうし、ゆっくりと浴槽に浸かって全身の血行を良くすることも1つの手段です。

 

お花茶屋北口接骨院の【股関節痛】アプローチ方法

股関節の痛みは背中や腰から来ている可能性が高いので、当院ではきちんとカウンセリング時に確認し、股関節の痛みの原因を探していきます。

主に「骨格矯正」「ハイボルト療法」「テーピング」を使って骨盤の正しい位置への調整や股関節の筋肉にアプローチし、可動域の改善もしながら再発予防も行っていきます。

股関節で重要なことは関節同士の連動性と可動域です。

しゃがむ動作や歩く時などで上手く動いていないと股関節または、その他の痛みにも繋がってきます。

可動域が狭ければ歩幅も狭くなり、不意な動作で踏ん張れずに怪我をしてしまうパターンも多いです。

また、歩き方が悪いと腰への負担が大きく負担がかかってしまうので歩き方のチェックをさせていただき、歩き方のご提案も行っています。

 

 

【股関節痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高い電圧を入れることで痛みの元となる部分がわかり、痛みの原因となる炎症を抑えて神経痛の改善、インナーマッスルの活性化に効果があります。寝違えやぎっくり腰などの急性の痛みに対しておすすめです。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

アルミ板、磁気によって身体の痛めているところに微弱な電気で悪い流れを整えることで、症状の改善が期待できます。
貼っておくことで日常生活で常に刺激を与えることができ筋肉の緊張も和らげることが出来ます。

 

■テーピング

伸伸縮性のあるテープを貼ることで、筋肉の動きを正常に戻します。
また、損傷して痛めている筋肉のサポートをする事で、筋肉の回復も期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の位置に戻すことによって、筋肉や関節の動きを改善させ血液循環を促進し、人間が本来持っている自然治癒力の活性化が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

プロスポーツ選手も使用している筋膜リリーステクニックで、筋膜を剥がすことで毛細血管の活動を促進させ、全身の血液循環を促進させる施術方法です。
また、動きにくい関節や筋肉にもアプローチすることでさまざまな症状の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

足やふくらはぎの老廃物は膝や足裏に貯まります。
その老廃物を流すことでリンパや血液循環の流れを促進や、むくみや冷え性などの症状の改善を目指す施術です。
長時間立ったり座ったり歩いたりする方におすすめです。

 

■カッピング

カップを皮膚に吸着させ内部を真空にし血液を表面に吸い出すことによって血液の循環やリンパ液の流れを整えます。
神経やホルモンバランスなどの調節や、自律神経のバランスを整えることが期待できます。

 

著者 Writer

著者画像
院長:工藤 彰悟
誕生日:7月13日
血液型:O型
趣味:野球観戦,旅行,食べ歩き,ジムで運動
患者様への一言:患者様の痛みや悩みに真摯にお応えして共に解決していきたいと思います!
「いつまでも健康な身体」を作り続けていきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:お花茶屋北口接骨院
住所〒124-0003 葛飾区お花茶屋1-17-11
最寄:京成線お花茶屋駅北口 徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中