骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 突き指をした後
    手が全体的に
    腫れてきた

  • スポーツで
    ケガをした際の
    処置法を
    知っておきたい

  • スキーで
    転倒した際
    足の骨を
    骨折して
    しまった

  • 骨折を少しでも早く治したい

骨折の処置方法をご存知ですか?

骨折をしてしまった場合、どれだけ素早く処置ができるかによって、
回復するスピードも変わってきます。

特に骨折のリスクが高いコンタクトスポーツをされている方、
骨が弱くなりやすい高齢者の方は注意が必要です。

 

こちらのページでは骨折の症状や対処法について詳しくまとめてあります。

日常生活で行える対策についてもご紹介しています。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折にはどのような症状がみられるのでしょうか?

骨折は骨の連続性が断たれた状態をいいます。
完全に折れたものだけではなく、ヒビや一部が欠けているものも骨折です。

こちらでは、骨折の種類や原因、症状について詳しくご紹介していきます。

 

【完全骨折と不全骨折】

 

骨折は程度によって「完全骨折」「不全骨折」に分けられます。

完全骨折:骨の連続性が完全に断たれ、離断してしまったものをいいます
不全骨折:骨に傷はついているが、部分的にはつながっているものをいます

 

【骨折の種類・原因】

 

◆外傷性骨折

コンタクトスポーツや日常生活における衝突、転倒、転落、事故など、身体に大きな外力が加わることで発生した骨折になります。

 

◆疲労骨折

一度の外力は小さくても、短期間に繰り返し受けることで骨折を起こしたものになります。
長距離走による足の疲労骨折、ゴルフのスイング動作による肋骨の疲労骨折などが主に挙げられます。

 

◆病的骨折

病的変異によって骨が弱くなることで発生した骨折になります。
骨粗鬆症、骨腫瘍、がんの骨転移などが原因として挙げられます。

 

【骨折の固有症状】

 

疼痛(痛み)、腫脹(腫れ)、機能障害(運動制限)といった一般的な外傷症状の他に、骨折には次のような固有症状がみられることがあります。

 

異常可動性(異常運動):骨が完全に離断している場合は、関節以外の場所で骨が大きく動いてしまうことがあります。

転位と変形:折れた骨が元の場所からズレることを転位いいます。転位することで骨が折れ曲がったり、短縮したり、延長したりと見た目に変形がみられることがあります。

軋轢音:骨が離断している場合、骨折端がぶつかりあることで軋轢音を触知することがあります。音として聞こえるというよりは、主に手の感触になります。

 

【骨折の全身症状】

 

ショック症状:骨折による激しい疼痛で神経が過剰に興奮したり、内出血によって循環のバランスが崩れることで「ショック症状」がみられることがあります。
特徴的な症状としては「顔面蒼白」「虚脱」「全身の冷や汗」「手足が冷たくなる」「脈拍が触れなくなる」といったものが挙げられます。

発熱:骨折による炎症症状によって、吸収熱と呼ばれる全身の発熱症状がみられることがあります。

 

【骨折の局所症状】

 

これだけで骨折とは断定できませんが、骨折には次のような特徴的な局所症状がみられることがあります。

 

◆介達痛(軸圧、牽引、振動など)

離れた場所から振動を加えてみたり、軸圧や牽引を加えると骨折部分に痛みが生じることがあります。

 

◆強い腫脹、自発痛

骨や骨周辺には知覚神経、血管が豊富に走っているため、疼痛と腫脹が他の外傷より強く出ることが多くなっています。

 

◆限局性圧痛

骨折部分に限局した圧痛がみられます。

 

【骨折の併発症】

 

骨折を起こした強い外力に加え、骨折端、骨片が周辺の組織を傷つけることで次のような併発症がみられることがあります。

・筋肉、腱などの軟部組織損傷
・血管損傷
・末梢神経損傷

など。

また、関節面を損傷した場合は、骨折の治癒後も機能障害が残るケースもあります。

骨折をした際の適切な処置法について

骨折をはじめ、急性の外傷には「RICE処置」が有効です。
処置が遅れるほど痛みが増加し、治癒にも時間がかかってしまうことが考えられます。

こちらでは、RICE処置をはじめ日常でできる骨折の対策についてご紹介していますので、ぜひご参考ください。

 

【RICE処置】

 

 

・Rest(安静):損傷を悪化させたり、併発症を起こさないように患部を安静にすることが大切です。

・Icing(冷却):患部を冷やすことで毛細血管を収縮させ、内出血を抑えていきます。
氷水の入った袋を患部に当てることで冷却します(冷やしすぎないようにご注意ください)

・Compression(圧迫):腫脹を抑えるために、患部を包帯やバンテージで圧迫します。

・Elevation(挙上):患部を心臓より高い位置に挙上することで、内出血を抑えていきます。

 

【日常生活で行える骨折の対策】

 

骨折のリスクを下げるためには、転倒を予防していくことが大切です。
スクワットや片足立ちトレーニングなど日常的に行い、転倒しない身体作りをしましょう。

また、中高年の女性はホルモンの関係で骨が弱くなりやすいといわれています。
適度な運動、バランスの整った食事、規則正しい生活を心がけることで、骨が弱くなりにくい生活習慣を送るようにしましょう。

 

【骨折の治癒経過】

 

●炎症期

免疫機能を高めるために血流量が増加し、炎症症状がみられる時期になります。

 

●仮骨形成期

骨の修復がはじまり、仮骨が作られる時期になります。

 

●仮骨硬化期

仮骨の強度が増してくる時期になります。

 

●リモデリング期

仮骨が破壊と再形成を繰り返すことで、本来の骨に置き換わってくる時期になります。

お花茶屋北口接骨院の【骨折】アプローチ方法

骨折した際にはなるべく正確な施術ができるよう、患部を触って確認(徒手検査)したり、エコー検査で画像確認をしながら、骨折した箇所を確定していきます。

確認できれば、応急処置として骨折を徒手整復して正常な位置へ戻します。

そこで患部が再転位や動揺しないように、「装具」「包帯」「テーピング」などで固定して、再生しやすい環境を作っていきます。
再生する間も周りの筋肉を緩めたり、運動やリハビリをしながら、回復力を高めて、後遺症の予防もしていきます。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼や繰り返しの動作によるケガに使用できます。
なお、慰安を目的とした施術には保険が使用できません。

 

■ハイボルト療法

高い電圧を入れることで痛みの元となる部分がわかり、痛みの原因となる炎症を抑えて神経痛の改善、インナーマッスルの活性化に効果があります。寝違えやぎっくり腰などの急性の痛みに対しておすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

プロスポーツ選手も使用している筋膜リリーステクニックで、筋膜を剥がすことで毛細血管の活動を促進させ、全身の血液循環を促進させる施術方法です。
また、動きにくい関節や筋肉にもアプローチすることでさまざまな症状の改善が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:工藤 彰悟
誕生日:7月13日
血液型:O型
趣味:野球観戦,旅行,食べ歩き,ジムで運動
患者様への一言:患者様の痛みや悩みに真摯にお応えして共に解決していきたいと思います!
「いつまでも健康な身体」を作り続けていきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:お花茶屋北口接骨院
住所〒124-0003 葛飾区お花茶屋1-17-11
最寄:京成線お花茶屋駅北口 徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中