原因不明の痛み・しびれ
(足・足の裏)でお悩みの方へ

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)によくある症状

  • 足の裏や足の指がピリピリと
    痛む

  • なぜか足がしびれることが
    増えた

  • 足が痛いのに原因がわからず
    困っている

  • 足の痛みがあって歩くことが
    つらい

足の痛みやしびれには身体の不調の可能性があります

足の痛みやしびれに悩まれている方は少なくありません。

 

足の裏がチクチク痛んだり、ピリピリとしびれる感じがしたり、

足に関する症状は、日常生活の動作に影響することも少なくありません。

 

さらに原因不明の場合はケアの仕方もわからず、大きな悩みの種となってしまいます。

 

そんな足の痛みやしびれの原因や症状は、個々によって千差万別に考えられます。

どのような原因や症状・対策の方法があるのかをご紹介していきます。

原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)改善メニュー Recommend Menu

足のしびれや痛みの原因について

足が痛んだりしびれたりするけれど、その原因がわからない、そんな風にお悩みの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「足や足の裏がしびれる・痛む」理由にはさまざまな原因が考えられますので、みていきましょう。

 

 

【足・足の裏の痛みやしびれの理由】

 

◆腰や骨盤に原因がある可能性が高い

日常的に不良姿勢を取る習慣がある方などは骨盤がゆがんでいる場合でも「足のしびれ・痛み」に繋がることがあります。
腰や骨盤には多くの骨や神経が存在しており、もちろん下半身とも密接な関りがあります。

元々腰痛や骨盤のゆがみがある方はそれが原因となっている可能性があります。

さらに骨盤や腰がゆがんでいる場合は、腰やお尻の筋肉も緊張しがちです。
その結果硬くなった筋肉が腰回りにある神経を圧迫し、足の痛みとなって現れる場合もあります。

その他にも「長時間、窮屈な同じ姿勢で座り続ける」ことが原因で、エコノミークラス症候群を引き起こしてしまう可能性もあります。

ふくらはぎに激しい痛みが走るのが特徴的です。

 

◆病気が原因になっている場合

足や腰に関わる病気が原因になって、痛みやしびれに繋がっている場合も多くみられます。

 

・足根管症候群

かかと・足の裏の神経が圧迫されて痛みやしびれに繋がります。

・椎間板ヘルニア

腰のヘルニアとも言われ、足まで症状がでることも多くあります。

・扁平足・外反母趾

親指の付け根が外側に突き出てしまい、特に歩行時に痛むということが多いとされています。

・変形性股関節症

進行すると股関節のみならず、膝や足の裏の方まで違和感・痛みを覚えることがあります。

・関節リウマチ

手首や足首の関節以外にも、足の指などの小さい関節にもリウマチがみられることもあります。

 

◆内臓の病気が関係しているケース

足腰以外にも、身体の中にある臓器の病気に関連して「足の痛み・しびれ」が出ていることがあります。

腫瘍や炎症など何かしらの理由により、足に関わる神経を圧迫するなどで痛み・しびれにつながっている場合もあります。

 

足の痛みやしびれの対処法について

 

足の痛みやしびれをケアするためには、その原因を正しく知って対処することが大切です。

効果的なケアを行うためには、まずはご自身の足の痛みやしびれは「どこから来るものなのか」を把握する必要があります。

 

 

【足の痛みやしびれ、原因に応じた対処法 】

 

◆腰痛や骨盤のゆがみから来る場合

もし足の痛みが「腰痛からくるもの」であれば、その腰痛を改善するためのケアが必要です。
腰痛を持っている多くの方に骨盤のゆがみがみられ、それが影響している場合も少なくありません。

日常生活において「骨盤のゆがみ」を誘発させないよう、意識することから始めてみると良いでしょう。

特に、座るときには「足を組む」「頬杖をつく」「浅く腰掛けて背もたれに寄り掛かる」などは骨盤のゆがみを誘発してしまう可能性があります。
普段から姿勢を正しく保つように、意識してみましょう。

 

◆内臓疾患からくる場合は、便秘解消することも1つの手段

足の痛み・しびれが内臓疾患から来る場合は「便秘解消」も有効であると言われているのです。
腸内に便が溜まっていると、その付近の臓器にも少なからず影響を与えます。
まずは腸内環境を改善して、腰周辺への負担を軽減することも良いでしょう。

普段から軽い運動を習慣化したり、1日3色バランスの良い食事を摂ることが基本です。
水分・食物繊維をしっかりと取り入れることも便秘改善には有効と言われています。

 

病気が原因となっている痛みやしびれは、必ず医療機関にかかり適切な施術や処置を受けるようにしましょう。

 

お花茶屋北口接骨院の【原因不明の痛み・しびれ】アプローチ方法

当院では足にしびれや痛みがある場合、腰・骨盤に原因がある可能性が高く、まず最初に腰から下肢にかけて検査をし原因を追究します。

それから「カッピング」「骨格矯正」「テーピング」によって股関節の調整や全身の筋肉を緩めて正していき、患者さんお一人お一人に合わせた施術を行っています。

万が一、重度な症状の方は医療機関へのご紹介も可能ですのでご安心ください。

 

 

 

 

【原因不明の痛み・しびれ(足・足の裏)に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高い電圧を入れることで痛みの元となる部分がわかり、痛みの原因となる炎症を抑えて神経痛の改善、インナーマッスルの活性化に効果があります。寝違えやぎっくり腰などの急性の痛みに対しておすすめです。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

アルミ板、磁気によって身体の痛めているところに微弱な電気で悪い流れを整えることで、症状の改善が期待できます。
貼っておくことで日常生活で常に刺激を与えることができ筋肉の緊張も和らげることが出来ます。

 

■テーピング

伸縮性のあるテープを貼ることで、筋肉の動きを正常に戻します。
また、損傷して痛めている筋肉のサポートをする事で、筋肉の回復も期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の位置に戻すことによって、筋肉や関節の動きを改善させ血液循環を促進し、人間が本来持っている自然治癒力の活性化が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

プロスポーツ選手も使用している筋膜リリーステクニックで、筋膜を剥がすことで毛細血管の活動を促進させ、全身の血液循環を促進させる施術方法です。
また、動きにくい関節や筋肉にもアプローチすることでさまざまな症状の改善が期待できます。

 

■超音波療法

電磁波や超音波により深部組織に微振動を与えて、そこに発生した深部熱や血流促進作用により筋肉を緩めたり組織の新陳代謝の促進が期待できます。腱鞘炎や肉離れに効果的です。

 

■PIA

人間が本来持っている生体の磁場や生体に流れている微弱電流の乱れた状態を、生体エネルギーや金属や磁気を使用して全体のバランスを整えることにより症状を改善します。頭痛や動悸、婦人科の病気にも効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:工藤 彰悟
誕生日:7月13日
血液型:O型
趣味:野球観戦,旅行,食べ歩き,ジムで運動
患者様への一言:患者様の痛みや悩みに真摯にお応えして共に解決していきたいと思います!
「いつまでも健康な身体」を作り続けていきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:お花茶屋北口接骨院
住所〒124-0003 葛飾区お花茶屋1-17-11
最寄:京成線お花茶屋駅北口 徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中