膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 年々膝の痛みを覚えるように
    なった

  • 久しぶりに運動した際に膝が
    痛んだ

  • 膝が痛くて階段がつらい

  • 横になっていても膝が痛い

つらい膝の痛みの原因や対策について

膝の痛みが慢性化している、痛みで日常生活の動作が苦痛になっている

あなたも膝の痛みに対してこんな風に悩んでいませんか。

 

膝は私達の生活動作を支える大切な役割を持っています。

 

膝の痛みを訴える方は、中年から高齢者の方に多くみられ、

痛みによって日常生活にも大きな影響を及ぼしていることも少なくありません。

 

ここでは、つらい膝の痛みはどうして起こるのか、

膝の痛みが関連している病気についてなどをご紹介していきます。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

つらい膝の痛みが続いている原因について

膝はわたし達の日常生活でも大変大きな役割を果たしている部位です。

歩くときや起立などの普段から行う動作は、膝を支える筋肉や軟骨・骨などの組織がスムーズに動いてくれることで成り立っています。

膝の痛みに悩む方は中高年層の方達が多いと言われていますが、その要因の1つに「加齢に伴い膝関節周辺の筋肉や軟骨が弱くなってしまうこと」が挙げられます。

 

 

【膝の痛みの原因について】

 

膝の痛みの原因にはさまざまな原因が考えられます。

病気によるものから日常生活や体質に関わるものまで多岐にわたり、複数の要因が合わさって膝の痛みに繋がっているということも考えられます。

 

ここでは、膝の痛みの主な原因についてご紹介します。

 

 

◆関節の動きが悪い

年齢を重ねるごとに膝の軟骨や筋肉は弱くなり、関節の動く範囲も狭くなっていくと言うことは多くあります。
そこに運動不足などの要因が重なることで筋力低下にも繋がり、膝を支える力が衰えてしまうのです。
このような要因から膝関節の動きが悪くなることは多くあり、それが膝の痛みに繋がっていることは多いと言われています。

 

◆スポーツ

例えば普段運動をしない方が急にスポーツを始めたときや、運動が原因で膝に負荷がかかって痛みが発生するといった可能性もあります。
高齢者のみならず、老若男女問わずみられることがあると言えるでしょう。

 

◆転倒によるケガ

転倒などのケガが原因となって膝の痛みが引き起こされることもあります。
損傷の具合によっては、膝の関節内が出血するといった場合も考えられます。

 

◆変形性膝関節症

加齢に伴い膝関節の軟骨の柔軟性が低下して引き起こされることが多い病気です。
進行すると軟骨がすり減ってしまい、痛みが強くなることも珍しくありません。

 

◆半月板損傷

膝でクッションのような役割を果たす「半月板」と言う部分を損傷したときに起こります。
膝を動かす際に違和感や痛みを覚える・動かしにくいなどの症状が多くみられます。
スポーツなどが原因となる場合もあります。

 

◆関節リウマチ

手や足などの関節に、痛みを伴いながら腫れる症状がみられます。
朝のこわばりも特徴的な症状の1つです。
膝関節や股関節などの大きい関節部にリウマチが出ることもあり、それが原因となって膝の痛みに繋がる可能性もあります。

 

◆膝関節靭帯損傷

スポーツや転倒・事故などによって、膝に大きな負荷がかかったときに起こるとされています。
靭帯を損傷し、場合によっては骨折を伴う場合も存在します。

 

膝の痛みを悪化させないための予防法について

膝の痛みを悪化させないためには、それぞれの原因を正しく知って早めに対処することが大切です。

それぞれの対処法や日常生活で簡単に始めることができる対策についてご紹介しますので、参考にされてみてください。

 

【膝の痛み予防法】

 

◆変形性膝関節症

膝の痛みの原因でも多いのは変形性膝関節ですが、進行するほど元に戻すことが困難と言われています。
そのため、なんといっても予防が肝心です。
ストレッチやウォーキングなど、毎日少しずつトレーニングを行うことで、筋力をつけて膝関節をしっかりと支えてあげられるようにしましょう。
軟骨のすり減りを緩和させてあげることが大切です。

 

◆半月板損傷

変形性膝関節症が関連して半月板損傷を発症している場合は少なくありません。
そのため、変形性膝関節症と同様に普段から筋力低下を意識して予防することが大切です。
軽いストレッチや筋力トレーニングなどを取り入れてみてください。

 

◆関節リウマチ

関節リウマチでは、関節の痛みや腫れが無く落ち着いているときに軽く身体を動かすことも効果的が期待できると言われています。

関節を全く使わないでいると硬くなってしまい、柔軟性が低下することにも繋がります。
日常的な家事や少しの歩行など、無理のない範囲で身体を動かすことが予防に繋がるでしょう。

 

◆膝関節靭帯損傷

膝への負担を軽減するために、急激な体重の増加にも気を付けるようにしてください。
スポーツをした後のアイシングも効果が期待できると言われています。

 

 

【日常で行える対策】

 

まずは「膝に負担を掛けない動作」を意識することがとても大切です。

正座や階段の上り下りなど、日常のちょっとした動作が膝の負担になっていることは多くあります。
自分の行っている動作を少しだけ見直してみることも効果が期待できると言えるでしょう。

また、激しい痛みが出ている時期は「安静」にし、必要に応じて医療機関に相談して適切な処置を受けましょう。

特に、普段以上に患部を動かしたり、重いものを持ったりなどの動作は控えるようにしてください。

反対に、筋力低下により膝の痛みが発生している場合には、「適度に動かす」ことが大切です。
無理のない範囲での筋力トレーニングやストレッチを継続することで、筋力アップ・柔軟性アップに繋がります。

 

お花茶屋北口接骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

当院ではまず最初にカウンセリングをしっかり行い、身体全体の状態を確認し、その上で施術プランを決めていきます。

関節の動き方が悪いと負担がかかるので、主に「ドレナージュ」「骨格矯正」を使って滑らかに関節が動くようにしていきます。

また、トレーニングも行いながら症状再発を防ぐ身体作りをしていきます。

その他にも、歩行の動作を確認して「テーピング」を使って歩行改善も行うことで、根本改善していきます。

特に女性の方は放っておくと膝関節の変形へのリスクも高まってしまうので、普段からの運動を心がけましょう。

痛みはすぐに改善をして、いつまでも自分の足で歩けるようにしておきましょう。

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

高い電圧を入れることで痛みの元となる部分がわかり、痛みの原因となる炎症を抑えて神経痛の改善、インナーマッスルの活性化に効果があります。寝違えやぎっくり腰などの急性の痛みに対しておすすめです。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

アルミ板、磁気によって身体の痛めているところに微弱な電気で悪い流れを整えることで、症状の改善が期待できます。
貼っておくことで日常生活で常に刺激を与えることができ筋肉の緊張も和らげることが出来ます。

 

■テーピング

伸縮性のあるテープを貼ることで、筋肉の動きを正常に戻します。
また、損傷して痛めている筋肉のサポートをする事で、筋肉の回復も期待できます。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の位置に戻すことによって、筋肉や関節の動きを改善させ血液循環を促進し、人間が本来持っている自然治癒力の活性化が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

プロスポーツ選手も使用している筋膜リリーステクニックで、筋膜を剥がすことで毛細血管の活動を促進させ、全身の血液循環を促進させる施術方法です。
また、動きにくい関節や筋肉にもアプローチすることでさまざまな症状の改善が期待できます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

足やふくらはぎの老廃物は膝や足裏に貯まります。
その老廃物を流すことでリンパや血液循環の流れを促進や、むくみや冷え性などの症状の改善を目指す施術です。
長時間立ったり座ったり歩いたりする方におすすめです。

 

■カッピング

カップを皮膚に吸着させ内部を真空にし血液を表面に吸い出すことによって血液の循環やリンパ液の流れを整えます。
神経やホルモンバランスなどの調節や、自律神経のバランスを整えることが期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:工藤 彰悟
誕生日:7月13日
血液型:O型
趣味:野球観戦,旅行,食べ歩き,ジムで運動
患者様への一言:患者様の痛みや悩みに真摯にお応えして共に解決していきたいと思います!
「いつまでも健康な身体」を作り続けていきましょう!
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:お花茶屋北口接骨院
住所〒124-0003 葛飾区お花茶屋1-17-11
最寄:京成線お花茶屋駅北口 徒歩1分
駐車場:なし
                                 
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院公式SNSアカウント お花茶屋北口接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】お花茶屋北口接骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中